看取りケアとは!?ターミナルケアとの違いや介護内容 | リアルジョブ介護

看取りのイメージ

看取りケアとは!?ターミナルケアとの違いや介護内容

QOL(Quality of life。人生の質。単純に「延命」だけを考えるのではなく、その人らしい人生、その人が満足できる人生を送ることができるようにという考え方)が重要視されるようになってから、最期のときまでをどのように過ごすかも、重要視されるようになりました。
本記事では、そのなかで注目されている「看取りケア」について紹介していきます。

看取りケアとは

看取りケアは、「看取り介護」とも呼ばれます。
これは、「近い将来、最期のときにを迎える可能性が高い人に対して、それまでの時間を安らかに、尊厳をもって過ごせるようにするためのケア」を指す言葉です。
延命だけを目的にするのではなく、残された時間をご本人様がどのように生きたいかという気持ちを尊重し、肉体的・精神的な苦痛を取り除くことを目的とするケアでもあります。

この「看取りケア」と似た性質を持つものに、「ターミナルケア」があります。
ターミナルケア(terminal care)は「終末期医療」という意味を持つ言葉です。
ターミナルケアは医療の一環であるため、たとえば点滴などの医療的なケアを基本とします。
対して看取りケアの場合は、日常生活(身の回りの世話、食事や排せつなど)を基本とするものです。
ターミナルケアと看取りケアは対立し合うものではなく、平行して考えていく必要のあるものだといえます。

看取りケアの介護内容

「看取りケアではどのような介護を行うか」は、施設、あるいはご本人様の状態によって異なります。
ただ、多くの場合は以下のような業務を担当することになるでしょう。


家族や職員との連絡と説明

看取りケアにおいては、24時間の介護が基本となります。
いつ状態が急変するかわからないからです。
そのため介護を行う人は、看護職員と連携し、いつでも連絡を取り合えるように動かなければなりません。

また、ご家族の精神的負担についても考える必要があります。
ご家族への状況説明、意向や希望、看取りケアの内容、これらを慎重におこなうことが重要です。


介護計画の作成

ご本人様とご家族の同意のもと、介護計画を作るのも仕事です。
この仕事はひとりだけでやるのではなく、医師や看護師、ケアマネージャーなどと連携して行うのが理想です。
見直し頻度は週に1回程度が基本とされています。


環境の配慮

看取りケアは、一般的な介護とはまったく意味が異なるものです。
最後までの時間をゆっくりと過ごしていただくために、環境に配慮する必要があります。
原則として個室を用意し、静かに過ごせるように配慮します。


日常的な介助

排せつや食事の介助を行います。
褥瘡ケアも、看取りケアにおいて重要な仕事のうちのひとつです。



看取りケアをするうえでの心構え

医療や介護は、基本的に「生」に向かっていくために行うことを基本とするものです。
しかし、看取りケアやターミナルケアは、最期のときが訪れるまでをどのように生きるかを見守るケアだといえます。
ご本人様はもちろん、ご家族にも非常につらい時間になることもありますし、痛みや苦しみを見ていく必要が出てくることもあります。

そのため介護をする側にとっても、その時間に向き合うだけの覚悟が求められます。
また、介護者は「仕事のひとつである」というプロとしての冷静な目も持ち続けなければなりません。
その目があるからこそ、ご家族やご本人様に寄り添うことができるのです。



「最期のときを自分らしく」を可能にする看取りケア

「最期のときまで自分らしく」
「最期のときが近づいているからこそ苦痛なく過ごしてほしい」
というご本人様やご家族の気持ちに寄り添い、心身ともにケアをしていくのが看取りケアです。
苦痛を和らげるための暖かな視線と、プロとしての冷静で的確な介護を行うことが、看取りケアを行う介護職員には求められます。