40代未経験でも介護職に転職できる!?今から転職するメリット・デメリット | リアルジョブ介護

介護・医療職の男性と女性

40代未経験でも介護職に転職できる!?今から転職するメリット・デメリット

介護職は、いつの世でも求められている職業です。
そのため異種業界からの転職も積極的に受け入れています。
ただ同時に、「転職は早いうちの方がいいと聞く。40代になってからの転職でも受け入れてくれるだろうか」「まったくの未経験。もう40代になったけれど、今からでも人の役に立つ仕事がしたい。活躍できるかな?」と不安に思う方も多いもの。
ここではそんな悩みに答えていきます。

介護職未経験の40代でも転職は可能?

「40代で、かつまったくの未経験でも、40代からでも介護業界に入ることができるか?」の質問に関しての答えは、「イエス」となります。
たしかに、

  • 途中で離職したが20歳前後のときに介護職の資格を取ったし、実務経験もある40代
  • まったくの未経験だが、20代前半である
という場合に比べるとやや条件は厳しくなりますが、活躍することは十分に可能です。

40代から介護職で働くメリット・デメリット

40代で、未経験の状態から介護職で働くことのメリットとデメリットについて取り上げます。

3つのメリット

40代から介護職に転職するメリットは、3つあります。

1.転職先に困らない
「転職先を選ぶ必要がある」としましたが、介護業界自体は常に人手不足です。
そのため未経験者でも入りやすい下地が整っており、飛び込みやすいのが特徴です。
今後も介護業界は、売り手市場が続くと思われます。

2.人生経験が生かせる
今まで培ってきた知識やコミュニケーション能力が花開く場所、それが介護業界です。
接客業を長くやってきた人ならばその接客技術を生かせますし、アロマセラピストなどをやっていたのであれば、それを生かしたレクリエーションを提案することもできます。

3.働き方が選びやすい
常に人が足りない介護業界にあっては、「働き方の希望も通りやすい」というメリットがあります。
「夜勤はできない」「18時までしかいられない」などのような希望も通りやすいでしょう。
もっとも、未経験者の場合は「土日祝日はいつでも入れます」などのスタンスでいた方が採用はされやすいといえます。

2つのデメリット

40代から未経験の介護職に転職する場合には、以下のデメリットがあります。

・働く場所がやや限られる
体力に自信がない方は、「働ける場所」を選ぶ必要があります。
腰や腕を痛めている人の場合、その程度なら動けるかを職場に伝えて相談しておきましょう。
また、夜勤の有無も確認しておきたいポイントです。

・収入が下がる可能性もある
介護職の場合、平均年収は340万円程度だとされています。
40代は働き盛りの世代ですから、前職では400万円を超えていた……という人も珍しくはないでしょう。
働き方の形態によって変わりますが、年収が下がる可能性があることは考慮しておきたいものです。
また、40代から入る場合は「年下の上司」が多く存在するということも頭に入れておいてください。

出典:厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査」


キャリアプランの一例

介護業界は、40代未経験で入ってもキャリアアップしていくことができる業界です。
たとえば、勤務経験を積んで勉強し、資格を取得することもできます。
資格を取れば、より手当が多く給料が高いところに転職しやすくなりますし、ケアマネージャーなどの上位の資格にチャレンジすることもできるようになります。
長く続けることで役職に就くことも多く、やりがいも出てくるでしょう。
「どこまで、どんな風にキャリアアップをしていくか」は人によって異なりますが、さまざまな選択肢があるのもまた、介護業界の強みなのです。


40代からでもOK! 未経験でも介護業界に飛び込もう

40代から、未経験の介護業界に飛び込むことは確かに勇気のいることです。
ただ介護業界は常に人が足りない状況であるため、40代の未経験者でも働きやすい環境が整っています。
本人にやる気さえあればキャリアアップも可能ですから、積極的にチャレンジするとよいでしょう。