【今、転職すべき?】転職検討中の介護士に伝えたい転職すべきおすすめのタイミング | リアルジョブ介護

老人ホームのイメージ

【今、転職すべき?】転職検討中の介護士に伝えたい転職すべきおすすめのタイミング

転職をするにも、転職すべき「タイミング」があります。
このタイミングとは、単純に「時期」のことだけを指すのではありません。
ベストのタイミングとは、自分自身が冷静に考えて、「今、〇〇という転職すべき理由があるから転職するのだ」と判断できたときのことをいいます。
感情だけで転職してしまうと、また同じ失敗を繰り返してしまうことがあるので注意が必要なのです。

転職になぜタイミングが大切なのか

求人情報があふれている介護業界においては、一年を通して転職するチャンスがあります。
しかし,転職は、人生のなかでも一大イベントとなるものです。
そのため逆に、「自分にとってベストとなる転職のタイミング」をよく見極める必要があります。

感情に任せた転職は避ける

  • 同僚や上司とちょっとした言い争いになった
  • 待遇が良くないが、待遇改善の訴えをするのは面倒くさい
  • 施設利用者からクレームをつけられた
  • 後から入ってきた人に追い抜かされたので、仕事が面白くない

このような悩みやイライラ、ストレスは、働いている人ならば1度や2度は抱えたことがあるものでしょう。

このような悩みを解決する方法として、「転職」はいかにも有効な選択肢であるように感じられるものです。
たしかに転職をすれば、人間関係はリセットされます。
また、待遇面も改善されることもあるでしょう。
クレームをつけてきた人や後輩もいなくなるので、短期的には、抱えていた悩みが解消されることになります。
実際、「前の職場ではうまくいかなかったが、新しい職場ではうまくいっている。勤続年数も10年を超えた」という人もいるでしょう。

ただ、感情に任せた転職は、往々にして悪い結果を生みやすいものです。
「今の嫌な状況から解放されたい!」と考えて転職を急ぐ場合、「今の環境とさよならすること」が第一の目的となってしまうことが多いといえます。
そのため、新しい転職先をよく吟味せずに転職を決めてしまい、入った後に後悔する可能性も高くなってしまうのです。

転職は、いたずらに急ぐものではありません。
まずは自分自身と向き合い、「なぜ」「どうして」「このタイミングで」転職をしたいと考えているかを明確にしましょう。

具体的な転職理由ができたタイミングで転職がおすすめ

逆にいえば、明確な理由がある状況での転職は、良い結果を生みやすいといえます。
たとえば、以下のようなものです。

  • 子どもが進学するので、より給料の高い施設に移りたい
  • 組織体制の変更で、現環境で働くのが難しくなった
  • 前から転職を考えていたが、ボーナスをもらった
  • 新しい働き方や新しいポジション、新しい勤務形態にチャレンジしてキャリアアップをしたくなった

このように明確な理由ができた場合は、転職をするタイミング(あるいは転職計画を具体的に煮詰めていくタイミング)だといえます。
特に、「子どもの進学のためにより給料を上げたい」「キャリアアップしたい」などの前向きな理由の場合、自分自身の軸もぶれにくく、転職先を精査していきやすいといえます。

今や、終身雇用制度は崩壊したといわれています。
また介護職は売り手市場ですから、働く場所にも事欠きません。
ただそうであるからこそ、「本当に『今』が転職のタイミングなのか」を考える必要があります。

転職は、理性的に、タイミングを見計らって

転職は決して悪いことではありません。
しかし感情的になった状態で転職を決めてしまうと、新しい職場でもまた同じ悩みを抱える可能性が高くなります。
「なぜ『今』自分は転職したいと思っているのか、本当に今がベストのタイミングか」を理性的に考えてから転職することをおすすめします。

お仕事を検索する