子育て中の仕事は介護派遣がおすすめ!両立が可能な理由とは | リアルジョブ介護

子育てのイメージ

子育て中の仕事は介護派遣がおすすめ!両立が可能な理由とは

人のライフステージは変わっていくものです。
特に子どもが生まれた場合、働き方はどうしても今までと異なるものにならざるを得ません。
しかしそんな中でも、「経済的な事情もあるので働きたい」「自分の自己実現のために働きたい」と考える人も多いはずです。
そんな人のために、「介護派遣」という働き方を紹介していきます。

子育て中の保護者が子育てと仕事の両立で悩むこと

共働き世帯の方が、共働きではない世帯よりも多くなった現在、「出産後の働き方をどのようにすべきか」を考えることは、もはや当たり前となっています。
「小さな子どもがいるので、子育ての手が足りない」
「子どもの都合に合わせようとすると、職場に迷惑がかかる」
「子どもと十分に向き合う時間が取れない」
ということで、仕事を辞めざるを得ない人も多くみられます。

もちろん、「子どもとずっと一緒にいたいから、もともと仕事を辞めるつもりでいた」などのようにプラスの気持ちで職を辞する人もいます。
しかし、「両立したいのになかなかうまくいかない」という場合は、なんらかの手立てを講じることが重要です。

子育てと仕事、両立のポイント

では、子育てと仕事を両立させるためにはどのような方法が考えられるのでしょうか。

1.ほかの人の手を借りる

保育園や祖父母、ベビーシッターなどの力を借りて乗り切るのはひとつの手です。
現在はファミリーサポートなどもありますし、ベビーシッター派遣サービスなどもあります。
これらを積極的に利用することは、保護者の働きやすさにつながります。

2.働く時間を工夫する

働く時間を工夫するのもよいでしょう。
「今までは夫も妻も日勤だったが、夫が日勤で妻が夜勤となりバトンタッチをしてそれぞれが仕事に行く」などのやり方をとれば、育児は進めやすくなります。

3.働き方を工夫する

「今まで正社員だったが、子どもが小さい間は時間的な融通が利きやすいパートタイマーとして働く」
「残業のない派遣業務を選ぶ」
なども、選択肢のひとつとなります。
同じ業界で働く場合であっても、働き方を工夫するだけで子育てはやりやすくなるでしょう。

もちろんこれらを併用していっても構いません。
たとえば、「正社員から派遣業務に切り替えたうえでベビーシッターを入れる」などのやり方です。

介護派遣が子育て中の保護者におすすめの理由

「介護派遣」は、子育て中の保護者におすすめの働き方だといえます。

1.残業が基本的にはない

派遣社員の場合、基本的には残業がありません。
定時で上がることができるため時間のスケジュールが組みやすく、「保育園が終わる前に仕事を上がる」などのやり方をとることが可能です。

2.夜勤専従などのやり方も選択できる

「妻が日勤で働いている間は夫が育児をしていて、妻が帰ってくると同時に夫が夜勤専従の介護派遣で働く」などのやり方もとりやすくなります。
夜勤専従の場合は給与が高く設定されているため、経済的な面でもプラスに働きます。

3.介護職は売り手市場である

一般的な派遣業務とは異なり、介護職は常に売り手市場です。
そのため、条件を絞ったとしても職場が見つかりやすく、また育児がひと段落ついても再就職が容易です。
このような点もまた、「介護派遣」という働き方を選ぶメリットだといえるでしょう。

子育て世帯にとってメリットの多い「介護派遣」という働き方

子育て世帯にとって「介護派遣」は、メリットが多い働き方の1つです。
介護の業界が売り手市場であること、また働き方を指定しやすいこともあり、安心して子育てに向き合えます。
また、ストレスや疲労を溜めないようにするために、適宜休息時間を持つことも重要といえるでしょう。