介護職未経験でも派遣で働ける!?求人を見つける方法 | リアルジョブ介護

介護士の女性と利用者

介護職未経験でも派遣で働ける!?求人を見つける方法

「介護職に就きたいけれど、資格を持っていない」
「介護職は人に接する仕事だから、資格を持っていないと就けないのではないか」
このように考える方もいるのではないでしょうか。
たしかに介護業界への就職・転職は、資格を持っていた方が有利ではあります。
しかしまったくの未経験・無資格でも、介護業界で働く道はあります。
本記事では、介護職未経験から派遣としてどのように働いていくかを紹介していきます。

介護職未経験でも派遣で働ける?

「介護職未経験であっても、介護業界に飛び込めるか?」という質問の答えは、「YES」となります。
実際、介護の現場には介護職未経験・無資格者がよく派遣されています。
また介護業界は常に人手不足であるため、介護職未経験・無資格の人であっても、比較的入っていくのも容易です。
「介護施設で働きながら、適正があると感じたのなら資格取得にチャレンジする」と考える人も多くいます。

介護の需要は尽きることがありません。
少子高齢化社会が加速していくであろう現在においては、今後も需要は途切れることなく、間口はさらに広がっていくものと思われます。

経験が浅いときに行う仕事

介護職未経験・無資格の場合は、できる仕事に限りがあります。
これは派遣社員として働く場合でも、パートタイマーなどのかたちで働く場合でも同じです。
介護職未経験・無資格の人ができる介護補助(介護助手)の仕事例は以下となります。

  • 食事の準備をすること
  • 入居者や施設の洗濯物をまわすこと
  • 部屋や共有部分を掃除すること
  • ベッドメイキングなど
  • 見守りや話し相手、また技術がある場合は趣味活動のサポート

介護の現場は常に人手不足です。
そのため有資格者のサポートをし、働きやすい環境を作ることが介護職未経験・無資格の人に求められる仕事内容のうちのひとつです。
もちろん利用者様の見守りや話し相手を務めることも重要な仕事のひとつです。

ただし、直接介助(利用者様の体に触る仕事)は、有資格者が担当することになります。
また、どこまでを介護職未経験・無資格に任せるかは、施設ごとによって多少の違いがあります。
就職・転職を考えるときには、このあたりもしっかり見ておくとよいでしょう。

未経験者が派遣の介護職を見つける方法

介護職未経験・無資格者が、介護職として働く方法はいくつかあります。
ハローワークに行ってみるのも良いですし、新聞や求人サイトを見るのもよいでしょう。
ハローワークは失業保険の手続きにも関わってきますから、「前の仕事を辞めたので失業保険を受けながら介護業界の転職情報にあたりたい」という人に向いています。
新聞は地場の就職情報に詳しいですし、求人サイトは手が空いた時間にすぐにみられるというメリットがあります。

なお、介護職未経験・無資格者の働き方も以下のようにさまざまあります。

  • 正社員
  • パートタイマー
  • 契約社員
  • 派遣社員

リアルジョブ介護の求人では、働き方にチェックを入れてソートをかけることができるため非常に便利です。
また、「介護職未経験・無資格OK」のチェック項目欄もありますし、こだわり条件(時短や夜勤設定)もできるため、条件に合った働き方が探しやすいといえます。

介護職未経験・無資格でも道はひらかれている! 初めての人でもチャレンジできる

介護の業界は、常に人手不足であり売り手市場です。
介護職はたしかに専門的な技術が求められるものではありますが、介護職未経験・無資格でも入り込める余地はあります。
助手として、有資格者が滞りなく仕事を進められるようにお手伝いすることもまた、ひいては利用者様の利益に繋がります。
現在は求人サイトを使って気軽に求人情報にあたれますので、一度調べてみてはいかがでしょうか。