介護・高齢者施設で働く看護師の役割。病院勤務との違いとは? | リアルジョブ介護

高齢者に話しかける看護師

介護・高齢者施設で働く看護師の役割。病院勤務との違いとは?

看護師の活躍の場は数多くあり、その就職・転職先は多岐に及んでいます。
本記事ではその中から「介護・高齢者施設」を取り上げ、病院勤務の看護師との違い、業務内容やスケジュール、向いている人、について解説していきます。



病院勤務の看護師との違いとは

介護・高齢者施設で働く看護師と病院で働く看護師との最も大きな違いは、「医療的な対応をメインとするか、それともしないか」です。
詳しくは後述しますが、介護・高齢者施設勤務の看護師の場合は、利用者様の健康の管理・チェックを主な仕事とします。
対して病院勤務の看護師の場合は、(勤めている病棟や科の違いはあるものの)基本的には医療的な対応を主体とします。


ただし、介護・高齢者施設で勤務する場合は、「利用者様の健康状態が急変したときに、看護師がその判断を担う傾向にあること」は押さえておかなければなりません。
病院の場合は看護師は医師の指示の下で動くことが多いといえますが、介護・高齢者施設で利用者様の症状が急変したときには看護師による判断が求められることが多いといえます。
また病院勤務とは異なり、介護・高齢者施設の場合は所属している看護師の数が少なくなる傾向にあるため、一人ひとりの責任が非常に重くなりがちだという点も大きな違いです。


なお、介護・高齢者施設勤務の看護師の場合は、身体介護はほとんど行いません。
これは、介護福祉士の仕事とされることが多いからです。
そのため、肉体的な負担は少ないといえるでしょう。
また残業や夜勤が少ない傾向にあるため、ワークライフバランスが取りやすいのは介護・高齢者施設勤務の大きな強みです。


業務内容と役割、スケジュールについて

前項のとおり、介護・高齢者施設で勤務する看護師の場合は、入居者様の健康の管理・チェックが主な仕事となります。
たとえば、血圧や体温を測るなどの行為です。
また経管での栄養摂取を実施したり、薬を塗ったり、けがをしたときの処置をしたり、服薬介助を行ったりといったことも、看護師の仕事となります(介護福祉士も服薬介助はできますが、その範囲は看護師に比べて限定的です)。
加えて、点滴や採血、褥瘡(じょくそう。床ずれ)の対応などは、医師の指導があれば行うことができます。


以下は、介護・高齢者施設で働く看護師のスケジュールの一例となります。


9:00 出社、ミーティングなどを行う
9:00~11:00 入居者様の状態をチェックし、医師の指示の元必要に応じて医療ケアを行う
11:00~11:30 入居者様の入浴に合わせて、その前後で健康状態のチェックを行う
11:30~12:30 食事介助をサポートしたり、服薬介助をしたりする
12:30~13:30 休憩
14:00~15:00 口腔ケアやバイタルチェックなどを行う
15:00~17:00 書類作成やミーティングへの参加、物品チェック、記録などを行う。必要に応じて胃ろうの対応をする
17:00~17:30 申し送り、ミーティングを行う
17:30 退勤


※それぞれの施設や人員配置によって違いはあるものの、介護・高齢者施設勤務の看護師の場合は残業を命じられることはほぼありません。



介護・高齢者施設に向いている看護師

ここでは、介護・高齢者施設勤務に向いている看護師の特徴について紹介していきます。


介護・高齢者施設での勤務の場合、入居者と密に関わることになりますし、仕事内容の異なる介護士との付き合いも必須となります。
そのため、コミュニケーション能力が高く、どのような人とでも良好な関係を築いていける能力が求められます。


また、比較的配置人数が少ない傾向にある介護・高齢者施設の場合は、看護師一人ひとりの判断が非常に大きな意味を持つことになります。
そのため、緊急時などに間違いのない判断を迅速に行える人材が求められるといえるでしょう。
肉体的な負担が少ない介護・高齢者施設勤務は、若いときほどの体力がない看護師であっても挑戦しやすい選択肢ではありますが、経験やスキルは求められます。


介護・高齢者施設の勤務の場合は残業や休日出勤、夜勤が必須となることは基本的にありません(求人で「夜勤あり」「夜勤専従」としているところはあるものの、避けることも容易です)。
そのため、ワークライフバランスを大切にしたい人や、家庭に重きを置いている人にも務まりやすいといえるでしょう。



介護・高齢者施設の看護師の役割と働き方

看護師の活躍の場のうちのひとつである「介護・高齢者施設」は、残業や夜勤の少なさが魅力となる選択肢です。
健康管理が主な仕事となるため、身体面での負担も少なくて済みます。
「判断できるスキル」「コミュニケーション能力」などが求められるという注意点はあるものの、魅力的な選択肢のひとつだといえるでしょう。
特に、ワークライフバランスを考える人にはおすすめの職場といえます。

お仕事を検索する