介護におけるノーマライゼーションとは!?考え方や課題について | リアルジョブ介護

車椅子に乗る高齢者と車椅子を押す看護師

介護におけるノーマライゼーションとは!?考え方や課題について

福祉用語のひとつである「ノーマライゼーション」は、社会において障害者や高齢者がよりよく生きていくために必要な考え方のうちのひとつです。

ノーマライゼーションとは

ノーマライゼーションとは、障害者や高齢者がそうではない人と同じような権利を有し、社会的な生活の中でより平等に生きていくために福祉や法律を整えていく考え方を指します。


この考え方の基礎は、1959年に生まれました。
N・E・バンク=ミケルセンというデンマーク人によって提唱され始めた概念であり、1959年に同国で成立した「知的障碍者福祉法」によって広く認知されるようになりました。
かつてのデンマークの施設においては、彼らは非常にひどい人権侵害を受ける立場にありました。
そのような状況を変えようとして提唱し始められたこの概念は、やがて、スウェーデンにおいてより整備されたかたちとなり、日本にも広がっていきます。


ノーマライゼーション8つの原理

ノーマライゼーションでは、8つの原理を掲げています。

  1. 1日のリズムを、ほかの人と同じように過ごす
  2. 週に5回は自宅以外のところに足を運び、休みもとる
  3. 長期間の休みをとったり、季節の変化による楽しみも味わったりする
  4. 子どものころや青年期、成人期において、その年代において適した楽しみ方をする
  5. ほかの人々と同じように、個人の尊厳と自己決定権を自分で有す
  6. 年齢に応じて、適当な恋愛関係を結ぶ
  7. 公的な援助を適切に受け、また自分たちも義務を果たす
  8. ほかの人と同じようにその人に適した住宅環境を整え、周囲の人と交流する

などを目的とするもので「障害を持っていたとしても、ほかの人が当たり前に過ごす当たり前の人生」を送ることができるように、という考え方が、ノーマライゼーションの8つの原理です。



介護におけるノーマライゼーションの考え方

ノーマライゼーションの考え方は、介護においても非常に重要です。


介護現場から考えるノーマライゼーション課題

かつての施設などでは、どうしても一人ひとりに合わせてスケジュールを組むことが難しく、個人の希望が通りにくい状況にありました。
しかし現在では、このあり方は大きく変わってきています。


もっとも現在でもこのノーマライゼーションの考え方は、専門職以外の人には浸透しきっていないという課題もあります。
このため、現場の考え方と地域の考え方に齟齬があり、理解を求めるのが難しいといった問題点もあります。



介護現場でのノーマライゼーションの関わり方・具体例

ここでは、介護現場でのノーマライゼーションの関わり方について紹介していきます。
施設ごと・機関ごとによって異なるため、代表的なものを取り上げます。


国の取り組み

国では「障害者総合支援法(※名称は時代によって異なる)」を設け、自立支援給付を行ったり、障害児向けのサービスを提供したり、相談支援を行ったりしています。
また、2016年に成立した「障害者差別解消法」によって、障害者の権利が不当に侵害されることのないようにと環境が整備されるようになりました。


教育機関の取り組み

ノーマライゼーションは、高齢者だけに限った考え方ではありません。
すでに上述した通り、障害を持つ人全体に対しても適用される概念です。
そして障害を持つ人の中には、子どももいれば大人もいます。
障害を持つ子どもたちもまた、通常の授業を受ける権利を持つため「特別教室から、通常の教室へ」という取り組みもされるようになりました。
また、これによって生じた差別問題を解消するための取り組みも、世界会議を経て実践されるようになってきました。


介護施設での取り組み

今ではごく一般的な選択肢となったグループホームですが、こちらもノーマライゼーションの考え方に基づいて設立したものです。
「介護する側、される側」「どんな人に対しても同じように与えられる介護内容」ではなく、障害者や高齢者同士が協力して、自分たちで共同生活を送っていこうとする施設です。
障害者や高齢者が生きてきた地域社会から隔絶されることなく、時にはそこから職場に通い、時には地域のイベントに参加し、地域の人と一緒に地域環境の美化に取り組む活動をしていきます。



ノーマライゼーションは「平等」を考えるきっかけに

障害者や高齢者は、時にだれかの手助けを必要とします。
しかし障害者や高齢者は、ほかの人と同じように自身の人生をポジティブに生きる権利があります。
またそれと同じように、仕事や勉強をして地域生活に貢献することが必要になる存在でもあります。
障害や年齢にとらわれず、だれもが一般的な生活を送れるようにとするノーマライゼーションの考え方は、人間が一人ひとり活躍していける社会を作るうえで非常に重要な概念だといえるでしょう。

お仕事を検索する