介護福祉士の資格を履歴書でアピールしよう!書き方のポイント | リアルジョブ介護

男性介護士

介護福祉士の資格を履歴書でアピールしよう!書き方のポイント

介護福祉士の資格は非常に強く、これを持っている限り転職先に困ることはないといわれています。

なぜなら介護業界は常に人手不足であるため、国家資格を持つ介護福祉士のニーズが非常に高いからです。

ただ、「社会福祉士」などのような仕事と間違われやすい資格でもあります。
ここでは社会福祉士との違いをまずおさらいし、そのうえで「介護福祉士が」転職・就職する場合に役立つ履歴書の書き方について解説していきます。


介護福祉士とは

「介護福祉士」は、日本国が認める唯一の「介護福祉に関する国家資格」です。
高齢者施設や病院、障がい者施設などを活躍の場とし、日常生活を1人で送ることが難しい人の支援を行います。
食事や排せつ、入浴などの基本的な日常動作を現場でサポートするこの仕事は、高齢化社会化していく日本にとって、非常に重要な仕事だといえます。


社会福祉士との違い

現場で働いているみなさんにとっては、「介護福祉士と社会福祉士の違い」は明白でしょう。
しかしそれ以外の人から見たとき、この2つはしばしば混同されてしまいます。
ここではおさらいがてら、この2つの違いについて解説していきます。


介護福祉士は、直接的に利用者様の手助けを行い、その日常生活をサポートします。
利用者様のもっとも近くに存在する介護職といってよく、自分の腕・足・体を使って利用者様を助けていきます。


対して社会福祉士は、利用者様の「困った!」に対して助言や指導を与えることを仕事とします。
利用者様が「〇〇で困っている」と相談してきたら、それを解消するための制度を提案したり、関係機関との中継をしたりします。
介護保険にまつわる話や支援給付金などのお金の相談を引き受けることもありますし、「どのようにして介護サービスを利用していけばいいのか」などの相談に答えることもあります。


介護福祉士が直接的に利用者様を助けるのに対し、社会福祉士は相談業務をメインとします。
そのため、介護福祉士にはある程度の体力と介護のための技術、正しい介護を行うための知識が求められるのに対し、社会福祉士には幅広い範囲をカバーできる知識と、悩み事を聞き出すためのカウンセリング技術が求められます。


なお以降では、主に「介護福祉士」を取り上げます。


介護福祉士の転職・就職事情と履歴書のアピール方法

介護福祉士が転職・就職をしたいと考えたときに意識しておきたいのが、「履歴書の書き方」です。
現在の介護福祉士の転職・就職事情を軽く紹介した後に、履歴書の実際の書き方について解説していきます。


介護福祉士は転職先には事欠かない

冒頭でも紹介しましたが、介護福祉士の資格を有している限り、「転職・就職先がない!」という状況にはまずなりえないといえるでしょう。
なぜなら、介護福祉士を含む介護職の需要は非常に高いからです。


介護職に対する有効求人倍率は実に4.48倍にも上ります。
つまり、1人の求職者に対して4〜5件の求人があるわけです。
令和3年の全職種に対する有効求人倍率は1.09倍ですから、介護業界の有効求人倍率数がいかに大きいかが分かります。
介護職は完全な売り手市場であり、求人者はその多くの求人のなかから自分にとってより良い選択肢を「選ぶ」ことができます。


出典:厚生労働省「一般職業紹介状況(令和3年5月分)について

実際の履歴書の書き方

介護福祉士として転職・就職を書く場合は、

  1. 資格は、略称ではなく正式名称で記す。また、資格の日付は「その資格を取得した日」を記す
  2. 学歴や職歴は、中学校以降から書く。またこれも略さず書き、コース名なども記す
  3. 希望欄には、「パートタイマーとして働きたい」などのように、具体的かつどうしても伝えなければならないことを記す。また、「県内外に事業所があるところに応募するが、父の介護があるのでどうしても転勤に応じられない」などのような場合は、「父の介護のため、勤務地は〇〇(地名)を希望します」のように具体的かつやむを得ない事情であることを示す文章を記す
  4. 「志望動機」「自己PR」は事業所がよく見る部分なので、特にしっかりと記す。担当にしっかりアピールするために、「自分が今まで具体的に何をしてきたか」「どのような強みを持っているか」「どんなところに介護福祉士としてのやりがいを感じているか」を書いていく
  5. 写真は3か月以内に撮ったものを貼る

の5つに気を付けましょう。


また、書き終えた後はしっかりと見直しを行い、日付や名称に誤りがないか、誤字脱字がないかを確認するようにしてください。
また志望動機などは面談で聞かれることもありますから、矛盾した答えにならないように気を付けましょう。



介護福祉士の業界は売り手市場

仕事内容に大きな違いはあるものの、介護福祉士も社会福祉士も両方とも非常に有効求人倍率が高い仕事です。
そのため、原則として「転職・就職先がなくて困ること」はないでしょう。
しかし資格をきちんとアピールし、「きちんとした人間だ」という評価を得るためには、履歴書を注意深く作成していく姿勢は求められます。

お仕事を検索する