老人性円背の方の介護ポイント。原因と改善方法についても紹介 | リアルジョブ介護

高齢者のイメージ

老人性円背の方の介護ポイント。原因と改善方法についても紹介

人間は、年をとることで「若かったころには出なかった諸症状」に悩まされることも増えてくるものです。
本記事では、そんな諸症状のなかから「老人性円背」を取り上げ、その原因と改善策、そして介護のポイントについて解説していきます。

老人性円背とは

老人性円背とは、腰~背中が大きく湾曲してしまった状態を指します。
名称からも分かる通りご高齢の方にみられるものであり、特に女性によくみられます。


この症状は、見た目こそやや痛々しいものの、強い痛みが生じる可能性は高くありません。
ただ姿勢を良くしようとしたときに、腰や背筋に刺激が走り、骨折に至りかねない可能性を秘めているため、原因や対処方法、改善方法を知っておく必要はあります。
また、日常的動作に支障が生じたり、便秘などが起きやすくなったりするという問題もあります。



老人性円背の原因と改善方法

ここからは、老人性円背の原因と改善方法を考えていきます。


原因

老人性円背の原因はいくつかありますが、そのなかでも問題視されるのは「骨の密度が低くなっていること」が挙げられます。
骨の密度が低くなることで骨が変形しやすくなり、それによって老人性円背が引き起こされてしまうのです。


また、「筋肉の衰え」も原因のひとつです。
個人差はあるものの、一般的に人間は年を重ねると筋肉量が減ってきます。
そのため、体の姿勢を維持しにくくなるわけです。


改善方法

老人性円背は、骨の密度が足りなくなっていることが原因のうちのひとつです。
そのため、まずは骨を強化するための方法を考えなければなりません。
そのときに有用に働くのが「カルシウム」です。
カルシウムを摂取する際には、カルシウムの吸収をサポートするビタミンDを一緒に摂取するとより良いでしょう。


また、筋肉の衰えも原因のため、適度な運動を行うことも必要です。
運動の強度はその方の状態をみて判断されますが、体をほぐすだけでも効果的です。
ただし、ご高齢の方の場合は予期せぬけがをしてしまう可能性も高いため、専門家の指導の下で無理なく行うのが理想的です。


さらに、コルセットなどのサポート用具を利用したり、適切な姿勢を維持するための方法を模索したりするのもよいのでしょう。
たとえば「座る」という単純な動作をするにしても、「背もたれと腰の間にクッションを入れる」「足の裏をしっかりと地面につける」「頭は垂直になるようにする」と意識するだけで、正しい姿勢を維持しやすくなります。

老人性円背の方を介護するときのポイント

老人性円背の方を介護するときに利用したい福祉用具として、「歩行器」があります。
歩行器はしばしば「シルバーカー」と比較して語られますが、持ち手の高さによって老人性円背を悪化させてしまいかねないシルバーカーよりも、歩行器の方が望ましいとされています。
また同様の考え方から、杖などを使うときには、「高さ」を意識して慎重に調整したいものです。
車椅子も、背もたれの形を調整できるモジュールタイプを選びましょう。


介護ベッドの角度を調整するときは、30度以上にはしないようにするのが望ましいとされています。
これは、30度以上の角度は腰に負担をかけやすいためです。
特に骨粗しょう症を患っていた人にとっては、これが骨折の原因となってしまう可能性も否定できません。



老人性円背を正しく理解して対策と介護を行おう

「老人性円背」は、だれでも悩まされる可能性のある症状です。
しかし原因もある程度解明されていますし、日常でできる改善方法も提案されています。
ご本人にも日常的に改善策に取り組んでもらうとともに、その方を支える介護者も「老人性円背の方を介護するときのポイント」を押さえておきましょう。