介護におけるショートステイとは!?ロングショートステイとは何が違う? | リアルジョブ介護

家と車椅子のミニチュアと問診表

介護におけるショートステイとは!?ロングショートステイとは何が違う?

介護サービスは多種多様です。
本記事では、介護サービスの1つである「ショートステイ」について サービスの概略やロングショートステイとの違い、利用できる施設、使用料金の目安について解説していきます。


ショートステイとは

ショートステイとは、基本的には在宅で過ごしている方が、短期間施設などに入所して支援を受けるサービスを指します。
利用できる期間は、「連続で30日まで」「介護認定期間の半数まで」と決められています。
ただし特段の事情がある場合は、「ロングショートステイ」という形で、この期間を超えてショートステイを利用することもできます。


このショートステイは、介護をメインで行う人が冠婚葬祭などで留守にするなどのような事情のときに利用できます。
また、リフレッシュするため、家族が旅行に行くため、などのように遊びの用事であっても利用できます。
これはショートステイが「介護を行う人が介護の負担を抱え込みすぎないように」という概念のもとで運営されているサービスでもあるからです。
特別養護老人ホームの入居待ちなどのときにも使えます。


ショートステイを利用できる施設

ショートステイが利用できる施設は、以下の3つとなります。

  • 生活介護が受けられる施設
  • 療養介護が受けられる施設
  • 介護保険適用外で利用できる施設

「生活介護が受けられる施設」としては、特別養護老人ホームなどが挙げられます。
ここでは、食事や排泄、入浴などの基本的な介護を受けることができます。
また、レクリエーションなども利用可能です。


次に「療養介護が受けられる施設」では、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士などによる機能訓練を受けることができます。
医療サービスを受けるための施設であり、生活介護を受けることとは目的が異なります。
このような療養介護サービスが受けられる施設として、介護老人保健施設などが挙げられます。


最後に「介護保険適用外で利用できる施設」を見ていきましょう。
これは文字通り、介護保険の適用を受けない範囲でショートステイができるもので、有料の老人ホームが対象となります。
ほかのサービスに比べると高額になりがちですが、食事が充実していたり、看護師による24時間の看護が受けられるなどの環境である場合が多いです。



ショートステイの利用料金の目安

ショートステイの利用料金は、「個室かどうか」「広さはどれくらいか」「どの施設を利用するか」「現在の介護度はどれくらいか」などによって異なります。
そのため、すべての数字を明確に出すのは難しいといえます。


以降で紹介している利用料金は、あくまで1つの目安としてください。
要介護3の方が生活介護を受ける施設にショートステイをした場合、大部屋の利用で3,750円程度、個室でかつ8畳以上の場合は7,200円程度となることが多いようです。

また、より専門的な指導が受けられる療養介護施設の場合は、上記価格よりも250円~1,000円程度高くなることが予想されます。
介護保険適用外の施設の場合は、その費用を正確に求めることは非常に難しいですが、10,000円前後とされることが多いようです。



ショートステイをうまく利用しよう

ショートステイとは、介護する家族の負担を軽減するためのものでもあります。
介護はなかなか終わりの見えないもののため、これらを上手に利用していくことが重要です。
また介護を本職とする介護士も、「家族の負担の軽減」を考える姿勢が求められます。