【未経験で不安…でも大丈夫!】無資格から始める介護の仕事 | リアルジョブ介護

介護職と利用者

【未経験で不安…でも大丈夫!】無資格から始める介護の仕事

少子高齢化に伴い需要が増加中である介護の仕事に就きたいと思うものの、「無資格では無理なのでは……」と躊躇される方も多いのではないでしょうか。
今回は、無資格、未経験から介護の仕事に従事しようとする方に向け、ノウハウを紹介します。

介護の仕事は未経験でも転職が可能

現在、日本は超高齢化社会となっており、特に国民の4人に1人が75歳以上になる2025年向けて介護職の人材確保は待ったなしの状態です。
そのため、介護職の求人には「未経験歓迎」のものも多く、無資格や未経験の方でも比較的始めやすい傾向にあります。

出典:財務省「2025年、高齢者1人を現役世代何人で支える?」

無資格の方が行う仕事内容

無資格の方が介護の仕事をする場合、最初は介護士などをサポートする「介護助手」の仕事などからキャリアを積んでいくのが一般的です。
なお、介護助手の仕事には以下のようなものがあります。

  • 食事作りや買い物などの支援
  • 掃除、洗濯
  • 利用者さんの送迎業務
  • 介護施設の受付業務

などが該当します。

人柄の良さも重要

介護の仕事では他の職種以上に「人柄」が重視されます。
介護の仕事は利用者さんの身の回りのお世話や介護を行うという性質上、高いホスピタリティが要求されるため人柄によっては向き・不向きがあるでしょう。
また、介護施設の他のスタッフと連携して業務を行う必要があることや、利用者のご家族への柔軟な対応が必要になるなど高いコミュニケーション能力が要求されます。

無資格でも可能だが資格取得で可能性が広がる

介護の仕事は無資格、未経験でも始められるのが魅力ですが、資格を取得することでさらなるキャリアアップや年収アップにつなげることもできます。
目指すキャリアによって必要な資格は異なりますが、代表的な資格は以下の通りです。

資格名 概要
介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級) 介護の仕事が未経験の方でも取得できる入門的な資格。取得後、利用者さんの身体に直接触れる「直接介護」が可能になる
介護福祉士実務者研修 初任者研修の上位資格にあたる、介護福祉士になるための必須資格。介護の仕事が未経験の方でも取得可能
介護福祉士 現場の介護士のリーダー的役割を担えるようになる国家資格
認定介護福祉士 現場の介護士のリーダー的役割を担う方が、さらなるステップアップをするための資格
ケアマネージャー(介護支援専門員) 介護保険制度や医療など、ケアマネージャーとしての幅広い知識を活かせる公的資格
介護事務 介護施設における事務作業に特化した資格。無資格、無経験でも取得可能

また、処遇改善手当と呼ばれる制度があり、特に介護福祉士の資格を持っている方には非常に有利です。
施設や資格の種類によっても条件は異なりますが、

また、処遇改善手当と呼ばれる制度があり、特に介護福祉士の資格を持っている方には非常に有利です。
施設や資格の種類によっても条件は異なりますが、

【介護福祉士】月給241,800円
※介護福祉士のみ特定処遇改善加算の手当を含む
【実務者研修】月給212,400円
【初任者研修・無資格】月給197,900円

といった処遇の改善が見込まれるケースもあるので、年収アップのためにも資格の取得をおすすめします。

人材会社に相談することがオススメ

介護の仕事を無資格、未経験で始めたい場合には、ご自分で採用サイトや電話などで応募するよりも、人材会社に相談したほうが円滑に転職できる可能性が高いです。

まず、人材会社へ登録するときに面談を行うのですが、人材会社のスタッフが客観的に判断することで、ご自分のアピールポイントが明確になります。
そのうえで、条件に合った企業を紹介してもらうことが可能です。
また、採用サイトには載っていない有益な情報が得られる場合もあります。

さらに、希望すれば企業との面接にスタッフが同席してくれる会社もありますので、非常に安心です。
もちろん条件交渉も人材会社経由で実施してもらえますので、より希望条件に近い企業に転職できる可能性が高くなります。

無資格・未経験でもOKなので気軽に応募してみよう

介護の仕事は無資格、未経験でも応募できるうえに、頑張って資格を取得すればキャリアアップすることもできます。
採用募集している企業が多い今は、まさにチャンスといえるでしょう。
よって、資格や経験がないからと躊躇せずに気軽に応募してみるのがおすすめです。

お仕事を検索する