【これから介護職を目指す人へ】介護の仕事内容 | リアルジョブ介護

介護職と利用者

【これから介護職を目指す人へ】介護の仕事内容

介護職につきたいと思うものの、仕事内容や職場の環境が分からないから不安だという人は多いのではないでしょうか。
医療従事者や介護従事者等への「従事者慰労金の支給」が新たに設けられました。
また、未経験で知識やスキルがないからという理由で諦めてしまうケースもあるでしょう。
今回は、これから介護職を目指す人に向けて、必要な資格や介護業界の仕事内容などについて紹介します。

介護の仕事に資格は必要?

超高齢化社会の日本では、介護職で働く人へのニーズが非常に高くなっています。
特に、2025年には国民の4人に1人が75歳以上になると予測されており、厚生労働省を中心に介護職の人材を増やす施策が行われているのが現状です。
そのため、介護職への門戸は非常に広くなっており無資格で働けるところも増えています。

ただし、無資格の場合は、介護士などをサポートする「介護助手」の仕事などからスタートすることになります。
介護助手の仕事としては、食事作りや買い物などを支援する「生活援助」や掃除、洗濯、ベッドメイキング、利用者さんの見守りや話し相手、デイサービスの送迎業務、介護施設の受付業務などが一般的です。

しかし、介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)や介護福祉士など有資格者歓迎の求人が多いことも事実なので、可能であれば仕事をはじめる前にある程度の知識を持っておくと面接時に有利になります。

介護職が働く場所

介護施設には、利用者が施設に通って介護サービスを受ける「通所」型と、利用者が施設に住んで常時介護サービスを受ける「入所」型の2種類があります。
なお、代表的な介護施設は、以下の通りです。

施設種類(通称) 通所/入所 施設概要
デイサービスセンター(デイ) 通所 自宅生活の高齢者が、日帰りでお風呂やレクリエーション、機能訓練といったサービスが受けられる施設
老人保健施設(老健) 通所・入所 比較的病状が軽度な高齢者が、リハビリを行って自宅復帰を目指す、病院と自宅の中間といえる施設
グループホーム 入所 認知症の高齢者が少人数で共同生活をしながら、生活のサポートや機能訓練が受けられる施設
有料老人ホーム 入所 生活サポートや介護サービスが受けられる施設。認知症、介護の必要性の有無に関わらず入所できる点が特徴
軽費老人ホーム 入所 住宅事情や家庭環境などの理由で、生活が困難な高齢者を対象にした施設
特別養護老人ホーム(特養) 入所 要介護認定の高齢者を対象に、24時間体制で常時介護サービスを行う施設


介護の仕事内容

介護の仕事内容は、利用者さんの食事や入浴、排せつといった身体介護の全面的なバックアップが主となりますが、その他にも「生活援助」や「その他支援」といった仕事があります。

まず、「身体介護」とは利用者さんの身体に直接触れて食事や入浴、排せつのサポート、移動のサポートをする移乗介助や更衣介助などを行う仕事になります。
一方、「生活援助」は、利用者さんの身体に触れず身の回りのサポートを行う仕事です。 具体的には、掃除や洗濯、調理などが挙げられます。
そして、「その他支援」として、リハビリやレクリエーションの検討や実施、利用者さんの心に寄り添うメンタル面のケアも重要な仕事です。
また、利用者のご家族に利用者さんの施設での様子を伝える窓口としての役割も非常に大切な仕事といえます。

このような仕事を、利用者さんの尊厳を守りその人らしく生活ができるようにサポートしていくことが介護職の役割です。
なお、最近は国からの介護施設の評価に利用者さんの身体機能回復度合いが重視される傾向にあり、特にデイや老健においては利用者さんの自立支援を促す取り組みをするところが増えています。

スキルを身につければ年収アップも

無資格でもスタートできる介護職ですが、スキルを身につけていくことで年収アップを目指すことも可能です。
そのためには、現場での経験はもちろん、必要な資格をお仕事と並行して取得していくことが必要になります。
仕事と勉強の両立は大変ですが、今後、介護職への需要が増すことを考えればそのメリットは非常に高いのでチャレンジする価値は十分にあります。

お仕事を検索する