ガイドヘルパーとはどのような仕事?資格の種類や取得要件について解説 | リアルジョブ介護

車椅子の前にいる介護士の男女

ガイドヘルパーとはどのような仕事?資格の種類や取得要件について解説

介護に関わる資格といえば、介護福祉士が最も有名です。
しかし、介護に関係する資格は介護福祉士だけではありません。
今回は介護関係の資格として、ガイドヘルパーを紹介していきます。

ガイドヘルパーとは

ガイドヘルパーとは、「一人では移動するのが難しい人を助ける仕事・あるいはその資格」を指す言葉です。
各都道府県知事の認定を受けることで取得できます。


介護福祉士ほどの知名度はありませんが、非常に長い歴史を持つ資格です。
今から50年ほど前の1973年には、「ガイドヘルパーの確保などを制度化すべし」という決議が出され、その翌年には実際に制度化されました。


その後何度か制度の変遷をたどることになりますが、現在でも長く残る資格であり、多くの人の助けになっています。



ガイドヘルパーの仕事内容

ガイドヘルパーは、移動介護従事者とも呼ばれます。
一人では移動するのが困難な人の移動を助け、その移動に同行します。


ガイドヘルパーの仕事は、言葉にすると「移動を手助けすること」の一言になってしまいますが、その意義は非常に大きいといえます。
なぜなら、人は移動できなければ人と会うことが難しくなり、移動できなければ買い物に行くのが困難になり、移動できなければ病院にかかることもできなくなるからです。
これらの社会的活動をガイドヘルパーが支えることにより、利用者様が日常生活を円滑に行えるようになるだけでなく、社会参加へのモチベーションを保てるようにもなります。



ガイドヘルパーの資格種類と取得要件

ガイドヘルパーの資格の種類は、大きく分けて以下の3つです。


1.全身性障害者ガイドヘルパー(全身性障害者過程研修)

四肢に機能的な障がいのある人をサポートする役目を担うのが、「全身性障害者ガイドヘルパー」です。
講義と演習の両方を受けて取得するもので、3日間程度の研修を受けることになります。 受講条件はありませんが、介護福祉士などの資格を持っている場合は一部の講義が免除されます。
四肢に障がいを持つ人のサポートにあたることを目的とするため、演習には「車いすでの移動」などが組み込まれます。


2.知的・精神障害者ガイドヘルパー(知的・精神障害者行動援護従業者養成研修)

ガイドヘルパーは、機能的な障がいを持つ人のサポートをするだけではありません。
知的・精神的な障がいにより、一人で移動することが難しい人に対する支援を行うケースもあります。


研修には、コミュニケーションスキルなどを学ぶためのカリキュラムが入っているのが特徴です。
3日程度の日程で研修が行われます。


3.視覚障害者ガイドヘルパー(同行援護従業者養成研修)

一般課程と応用課程の両方を学ばなければ取得できない「視覚障害者ガイドヘルパー」の資格は、他の2つよりも研修期間が長く、5日程度となっています。


この資格の場合、単純に「移動するためのサポート」だけを仕事とするわけではなく、代筆や代読といったサポート業務もこなすことになります。
また必要に応じて、排せつや食事といった身の回りの世話も行います。



ガイドヘルパーに向いている人の特徴

ガイドヘルパーに限ったことではありませんが、介護関係を仕事にする場合は「だれかを助けたいという気持ちのある人」であることが大前提です。
ただそれだけではなく、その人の抱える障がいに対してきちんとした知識を持ち、サポートするための技術を有していなければなりません。


単純に「優しいだけ」では勤まる仕事ではなく、冷静さや判断力も求められます。
また、ガイドヘルパーはそれほど肉体的な負担はないとはされていますが、最低限の体力は必要です。



「移動する」という当たり前の権利を守るために

自分の体が自由に動く人にとっては、「移動することの難しさ」をなかなか理解できないかもしれません。
それは移動することは、ごく当たり前のことだからです。
この当たり前が、サポートなしにはできない(あるいは難しい)人もいます。
ガイドヘルパーは、そのような人を助けることのできる素晴らしい仕事だといえます。